“単純作業”に満足するのはヤバイと思った話。

この記事は4分で読めます

 

“俺はあと20年、このまま行くよ”ってマジか。

 

最近ぼくは車の免許を取るために

必死に教習所に通っています。

理由はかっこつけるためです笑

 

実は今お付き合いしている女の子と

旅行の計画を立てて、

そこはどう頑張っても電車で行けない場所なんです。

 

つまり車でいくしかない。

 

で、僕は持ってなくて、

その子は免許を持っている。

 

「これやばいな」

とシンプルに思いました。

 

だって女の子が運転して

男が助手席です。

 

は、恥ずかしいじゃないですかッ!笑

レンタカーを借りるときの店員さんの目とか

想像しただけでもいやだよ〜。

 

「え、お前が借りるんじゃねえの??」

みたいな・・・笑

 

申し訳なさげに助手席に座って

発進を待つ時間・・

 

遅くまで運転させてしまうという罪悪感・・・

いやだなあ〜笑

 

・・・とまあそんなワケで

僕は教官に怒られながら

必死でハンドルを握っているのです。

(トモは見栄っ張りです。)

 

前置きが長くなりましたね。

本題はここからです。

 

教習所に毎日通っているので

ちょっとは仲良くなるもので

お互いの話をしちゃったりします。

 

教官「トモくんは就職してないんだ〜」

トモ「そうなんですよ〜」チラチラ、あ!あぶね〜

 

教官「俺もホントはホッケーのクラブを運営したかったんだよなー」

トモ「いいじゃないですか、今からでも遅くないじゃないですか」チラチラ、渡ってる人はいないな。。

教官「俺はもういいよ〜もう年だしなあ、はっはっは」

 

トモ「ずっと教官をされるんですか??」チラチラ

 

教官「おお!もうしがみつくよ!俺はあと20年、このまま行く

 

 

運転中でしたが、僕はその話聞いて正直

「マジか」って思っちゃいました。

 

教習というお仕事は人の命を左右する

重要な職だと言うことは理解していますが、

 

それでも「甘いんじゃない?」

と思ってしまったんです。

 

車なんて誰でも運転できる

 

はっきり言って、

「車の運転を教える事」

なんて誰にでも出来ます。

 

授業は国が決めたカリキュラムに沿うしかないので、

工夫の余地がないのが実情です。

(どの先生から授業を聞いても、得られる知識には大差ない。)

 

運転技術だって、

運転免許を持っている人だけいます。

 

なんだったら僕が免許をとれば

最低限教えることは可能です。(資格面は置いといて)

 

誰にでも出来るて

頭を使う必要もない仕事が

今後も残っていくか?

 

「さすがに無理」

これがシンプルな答えです。

 

自動化もAiも進歩しています。

車の自動運転ももうすぐでしょう。

 

今でさえそうなのに

20年後まで稼ぎ続けられる確証は

あるでしょうか?

 

もしかしたら”免許”の概念すら

無くなっているかもしれません。

 

“単純作業”に満足している人はやばい。

 

自動化が進んで単純作業は

どんどん駆逐されています。

 

銀行の事務作業は

自動化が進んだおかげでかなり人手を

減らしたみたいです。

 

僕自身、カメラ転売でも

僕の”頭や手”ではなく、

コンピューターの力を使って

”自動的に”行なっています。

 

自動で商品を見つけ出し、

半自動で出品する仕組みです。

 

ミスもなく高速で処理してくれるので

僕の頭なんかよりよっぽど優秀です。

 

それでも1年前まで僕は

「自分の力」でなんでもやろうと思っていたんです。

 

例えば、60個近い商品の伝票を

全部自分で書いて、梱包して送っていました。

ひどい時には一日中かかっていたんですね。

 

でも、外注化を始めてから

「たった45分」で済む事がわかったんです。

 

これまでの苦労はなんだったんだ・・

って思いましたね。

 

単純作業を頑張ってる自分にただ酔っていたんです。

「ああ、俺はこれだけ頑張ってるんだからエライ!頑張ってる!」

みたいな笑

 

そんな当時の僕に

「外注化したら45分で終わる仕事だよ」

って言ってあげたい笑。

 

で、それから単純作業だったり

自分でやる必要のない事は

なんでも人に任せたり、効率化するようになりました。

 

今では掃除すら外注化してます。

 

綺麗に掃除したら満足するけど、

それって意味あるのかなーと思ったので。

 

汚して綺麗にして、また汚して綺麗にして・・・

長い目で見ると同じコトの繰り返し。

意味ないじゃん、と。

 

その代わり、空いた時間で

ブログを書いたり、学んだりして

自分に投資しています。

 

毎日新しいことに挑戦して

スキルを磨いています。

 

やりたいコトをやるだけなんじゃないの

 

じゃあなんでもかんでも

効率化して、外注化して

価値ある人間にならなきゃいけないのか!

ってわけではないと思うんです。

 

僕が感じているのはいつも1つだけ

「やりたいコトをやろうよ」

って話です。

 

人生は楽しんでナンボだと思うんです。

でもその為には時間もお金もいりますよね。

 

だからといって

つまんない事でお金を稼いで

残った時間で遊ぶなんてしたくない。。。

 

ならどっぷりビジネスの世界にハマって

スキルを磨いて、お金を稼いで、自動化して

 

時間もお金も【制限解除】しちゃおう

っていうのが僕の考えです。

 

だから僕は頑張ってます。

しかも楽しみながら。

 

自分が成長してるって実感が

一番僕は楽しいんですね。

 

すでに月100万円を超えても

全く驚かなくなったし、

自由に旅ができる状態ではあります。

 

ただもっと大きくなりたい。

成長したい。ビジネスの世界にハマりたい。

って思って活動しています。

 

もしあなたがも、

時間とお金を【制限解除】して、人生を遊び尽くしたいのであれば

自分に知識に投資する事をオススメします。

 

お皿洗い、料理、掃除、電車の移動

そして仕事。

 

それらは「今」一番重要なコトでしょうか?

 

メルマガではその辺りのことも話そうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


    ★限定プレゼント★

    当ブログをお読み頂いた方限定のプレゼント特典!

    アンケートにお答え頂くと「僕が2020年に儲かったカメラベスト5!!」をバラしちゃいます!



    アンケートフォーム

    関連記事

    1. 2019 05.21

      反省です。

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    大学時代「自分の力で稼いでみたい!」という思いが強く、ブログ,FXなどに手を出すもことごとく失敗。そんな時、カメラ転売は稼げる!というウワサを聞き試してみる。

    自分で仕入れたNikonのレンズが本当に売れたことに衝撃を受け「これはイケる」と確信。その後大学の授業をサボり、カメラ転売にのめりこむ。

    月の利益は5万→25万円→35万円と順調に伸び、9ヶ月目に160万円を達成。

    その後、ebay、プログラミング、外注化を学び「自動転売メソッド」を確立。月の利益は80万円〜で安定中。

    現在はフリーランスとして好きな時間に起き、好きなものを買い、仲間と共に自由気ままに生きています。

    それではよろしくお願いします^ ^

    100万円コミットメント

     

    関連ブログ

    ほり師匠のブログ

    織田先輩のカメラ転売ブログ

    里井さんのカメラ転売ブログ

     

    コンサル生

    高校の友達が月50万円を稼ぐまでの話 ① 〜カメラ転売との出会い〜

     

    【実績】

    2021/8 利益87万円

    2021/7 利益70万円

    2021/6 利益96万円

    2021/5 利益128万円

     

    2021/4 利益99万円

    2021/3 利益118万円

    2021/2 利益88万円

    2021/1 利益88万円

    2020/12 利益70万円

    2020/11 利益57万円

    2020/10 50万円

    ※出金は翌月、ということも良くあるので、利益と受け取り金が一致しているわけではありません。

     

    ヤフオク販売画面(個人情報は伏せております。)

     

    有料コンテンツ

    カメラ転売(せどり)の外注化が学べる動画コンテンツ【公開中】