朝起きれないと鬱になると実感した話。

この記事は3分で読めます

朝起きれないと、ゆっくりと、、、

 

 

鬱にます( ^ω^ )

 

こんにちは。

留年ギリギリ大学生、トモです。

 

「朝起きれないとヤバイ」

 

これは僕の実体験です。

僕は10日前まで軽く鬱でした笑

 

それは、朝11時に起きて、学校にも行かず、

外にも出ず、ひたすらゲームして、

夜3時に寝る。

 

さらには

昼の11時から夜の2時まで。

13時間ぶっ通しでやっていたことも。

 

なんの生産性も、成長もなく

ただひたすらにゲームをするか、

ベッドの上でダラダラするかの生活。

 

正直かなり辛かったです。

 

ゲームばかりしていても、表面的な楽しさだけで、

心の奥は辛いです。

 

自己肯定感めちゃくちゃ下がります。

だって学校行けてないんですもん。

父、母と約束して、今年中に卒業しなきゃいけないから、

授業サボってる場合じゃないんです。

 

体に良くない食べ物ばかりだし、部屋も汚れてるし、髪もボサボサ。。

 

 

ツイッターで他の人がサロン作ったり、

ブログを一生懸命に書いていたり、カメラで収益をあげている中、

 

ひたすら

俺何やってんだろう。。。

と思ってました。

 

自分が嫌いになります。

 

そして

あー。。こうやって鬱になっていくんだなあ。。。

 

とぼんやり考えてました。

 

↓ちなみにその頃のツイートです。

 

 

始まりは17日に

夜遅くまで起きて、朝起きられなかった事が原因でした。

 

 

朝をダメにしてしまった。。

 

 

はっと目が覚めたら、すでに11時でした。

授業は10時から。

遅刻が確定していました。

 

それを知って、

 

「あー、、もう今日はいっかなあ。。」

 

と思ってしまいました。

そう考えると、僕のダラダラスイッチが入ります。

 

0か100か

 

やるなら徹底的にやるのが僕の悪い癖で、その日一日がうまく行かないと

とことんダメにしてしまいます。

 

そして、朝ごはんも取らず、ゲームを始めて

気づけば夕方。

 

コンビニでカップ麺、ファミチキなどの

体に悪そ〜な食べ物を買って、またゲーム再開。

 

ぶっ通しで深夜2時までやって、3時に寝る。

そうすると翌朝も起きられない。。

 

 

そして僕はこの現象が月に1回以上起こります。

その度に学校休んで、部屋に閉じこもりダラダラ。。。

 

その度に立ち止まり、焦り、自分が嫌いになります。

何度自分を嫌いになればいいのか。

 

 

「朝さえ上手くいけば」

 

 

僕がいつもこのループに陥るのは、朝が原因です。

紛れもなく。

 

朝、起きれなかったら、途端にやる気を失います。

または起きてもYouTubeを見ていたりするとダメです。

 

逆に言うと朝、

朝スッキリ起きれさえすれば、僕はやる気のエンジンがかかります。

 

0か100か。

 

今度は100になります。全力で良い1日を過ごせます。

朝さえ上手くいけば、最低夕方まで頑張れます。

 

そして、次の日も頑張ろうかなと思えます。

それが継続できさえすれば、何をしても上手くいくはず。

 

朝をいかに良いものにするか、

それが僕にとっては非常に大切で

 

人生を大きく変えてしまう

 

ほど重要なものであると痛感しました。

 

どうすれば誰に言われるでもなく

毎朝同じ時間に起きられ、

気持ちよく運動し、

新しい事を学び、

 

進化出来るのか。

 

この数日、考えに考え、実践しています。

成長、進化せざるをえない、仕組みづくり。

 

月1で鬱になりかける、

留年ギリギリ大学生による

「究極の朝活メゾット」

次の記事で書いていきます。

 

Follow me!



カメラ転売体験講習はこちらから!!↓↓

体験講習






【無料登録】メルマガ配信
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トモのプロフィール

21才大学生。

2017年7月にカメラ転売を開始。

2017年10月に月収50万円を達成。

2018年3月に月収160万円を達成。

 

カメラ転売を始め、

時間とお金に余裕が生まれ、

自分の本当にやりたい事に取り組めるように。

 

 

そんな僕はちょっと前まで

ブラック部活で身も心もボロボロ。

部室には怒号、罵声が飛び交い、

うつ病になる者、骨折をする者、入院をする者が

いるという異常な環境に身を置いてました。

 

その経験を経て気づきを得る事になります。

 

→トモのプロフィール

 

師匠のブログはこちらから!!