【死ぬほど惨めな男①】ママンに買ってもらったww

この記事は2分で読めます

2017年、某日。

ユ○クロにて。

親子二人の会話。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

母親「これでいい?他に必要なものはない?」

子供「うん、大丈夫」

 

買い物かごには、下着、靴下などの消耗品から

Tシャツ、パンツ、アウターなど、男物の商品がドッサリと入っている。

 

返事を聞くと、母親はレジへ向かい、

子供はその後を追った。

 

「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ、、、、、」

 

爽やかイケメンの店員は、手際よく服を畳んで袋に詰めていく。

歳は、、、恐らく彼と同じか、それより若い。

多分、大学生。

 

ーーふと、店員と目が合った

 

彼は急に恥ずかしさに襲われ、思わず目を逸らす。。

 

居ても立ってもいられなくなると、

「入り口で待ってる」と母親に伝え、そそくさとレジを離れる。

 

離れた場所に着くと、一安心し、

手持ち無沙汰なのかスマホをいじりだした。

しばらくして、会計を終わらせた母親が戻って来た。

 

「ありがとうございました。」

 

そう言って、母親から買い物袋をもらう。

 

母親「じゃあ、私はスーパーに行くから先に家に帰っててね」

「うん」

 

薄々お気づきかとは思いますが、この子供。

 

僕です。

 

 

僕はこの日、久しぶりに母親と買い物に行きました。

服を買ってもらいました。

そして思い知りました。

 

 

信じられないくらい、ダサいということに

です。

 

 

それは

母親と一緒に買い物に行ったことではなく、

試着室でパンツのサイズが合わなかったから、母親に一つ大きいサイズを持ってきてもらった事でもなく、

 

 

僕と同じ年の青年が働いている目の前で、

 

母親に服を買ってもらった事です。

 

一緒にお店に入った瞬間から、

僕は情けなさを感じていました。

(遅すぎる)

 

一方は

アルバイトをして、自分でお金を稼ぎ、買いたいものを買う。

 

そしてもう一方は

バイトをせず、親のお金で自分の服を買ってもらう。

 

 

普通、大学生ともなるとアルバイトの一つや二つするものだけど

しかし僕はその時、バイトをしていませんでした。

 

それは部活で忙しかったのが主な理由だけど、

それは言い訳で、僕はバイトをしたくなかった。。

めんどくさかったからです。

 

そしてこの状況になった。

 

・・・ダサい。ダサすぎる。

 

そして僕は決心しました。

これからは、自分で稼いでやる!と!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

というわけで

死ぬほど恥ずかしい実話を暴露したところで、

 

ここから、奇跡の成長ストーリーが幕を開けます!!

 

続きが気になる方は

→→こちらから

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トモのプロフィール

21才大学生。

2017年7月にカメラ転売を開始。

2017年10月に月収50万円を達成。

2018年3月に月収160万円を達成。

 

カメラ転売を始め、

時間とお金に余裕が生まれ、

自分の本当にやりたい事に取り組めるように。

 

 

そんな僕はちょっと前まで

ブラック部活で身も心もボロボロ。

部室には怒号、罵声が飛び交い、

うつ病になる者、骨折をする者、入院をする者が

いるという異常な環境に身を置いてました。

 

その経験を経て気づきを得る事になります。

 

→トモのプロフィール

 

師匠のブログはこちらから!!