商品発送前にヤフオクで取引キャンセルをするときは「出品者都合」の削除はしない

この記事は2分で読めます

ヤフオクで販売していると、

多かれ少なかれ、トラブルがあり取引キャンセルを行います。

 

僕の場合だと月間およそ300-400販売していて、

取引キャンセルの数は5件前後です。

確率としては1%ほどあります。

 

ほとんどはカメラが届いたけど記載内容と違っていて、返品をしたいというパターンです。

僕がきちんとチェックしきれていなくて起こることが多いです。。

 

そういう時は、返品と返金を行います。

まずはカメラを返品をしてもらい、それが到着したら指定の口座に返金し、

返金が確認できたら受け取り連絡をしてもらう、という流れです。

 

カメラを発送した後に起こったトラブルはほぼこれでOKです。

 

しかし、たまに発送前にトラブルが起きることもあります。

在庫管理をミスって品切れのパターンや

何かしらの不備が発覚して、取引キャンセルをお願いする場合があります。

 

 

そんな時は直接口座振り込みをせずとも

ヤフオクのシステムを使ってキャンセルができます。↓

 

 

こんな感じです。

取引自体は上記の流れでキャンセルできて返金が完了します。

 

この時に大切なことは「落札者削除」はしないということです。

 

ヤフオクの説明では「落札者削除」を推奨していますが、これはしないほうが無難です。

なぜなら出品者か落札者のどちらかに自動で「非常に悪い」の評価がついてしまうからです。

(出品者か落札者のどちらにするかは選べます)

 

この落札者削除というのは実は必須ではありません。

「削除したら販売手数料が帰ってくるよ〜」ってだけなのです。

なのでヤフオク手数料さえ諦めれば誰にも「非常に悪い」評価はつきません。

 

僕はヤフオク手数料を払ってでも非常に悪いを避けたいですね。

悪い評価が増えてくるといずれ売れ行きが悪くなるからです。

手数料が5000円以下だったら全然払います。

(それ以上だったら少し考えるかも笑)

 

損して得取れ、ですね^ ^

(そもそもミスらなければいいのですが、、)


    ★限定プレゼント★

    当ブログをお読み頂いた方限定のプレゼント特典!

    アンケートにお答え頂くと「僕が2020年に儲かったカメラベスト5!!」をバラしちゃいます!



    アンケートフォーム

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    大学時代「自分の力で稼いでみたい!」という思いが強く、ブログ,FXなどに手を出すもことごとく失敗。そんな時、カメラ転売は稼げる!というウワサを聞き試してみる。

    自分で仕入れたNikonのレンズが本当に売れたことに衝撃を受け「これはイケる」と確信。その後大学の授業をサボり、カメラ転売にのめりこむ。

    月の利益は5万→25万円→35万円と順調に伸び、9ヶ月目に160万円を達成。

    その後、ebay、プログラミング、外注化を学び「自動転売メソッド」を確立。月の利益は80万円〜で安定中。

    現在はフリーランスとして好きな時間に起き、好きなものを買い、仲間と共に自由気ままに生きています。

    それではよろしくお願いします^ ^

    100万円コミットメント

     

    関連ブログ

    ほり師匠のブログ

    織田先輩のカメラ転売ブログ

    里井さんのカメラ転売ブログ

     

    コンサル生

    高校の友達が月50万円を稼ぐまでの話 ① 〜カメラ転売との出会い〜

     

    【実績】

    2021/8 利益87万円

    2021/7 利益70万円

    2021/6 利益96万円

    2021/5 利益128万円

     

    2021/4 利益99万円

    2021/3 利益118万円

    2021/2 利益88万円

    2021/1 利益88万円

    2020/12 利益70万円

    2020/11 利益57万円

    2020/10 50万円

    ※出金は翌月、ということも良くあるので、利益と受け取り金が一致しているわけではありません。

     

    ヤフオク販売画面(個人情報は伏せております。)

     

    有料コンテンツ

    カメラ転売(せどり)の外注化が学べる動画コンテンツ【公開中】