僕が初心者に(個人的に)オススメしている仕入れ方法

この記事は4分で読めます

僕は2017年にカメラ転売をはじめました。

最初は教材だけをもらい、見よう見まねで仕入れをしていました。

何回か売り買いをして、数千円程度の利益は出ましたが、時間がかかる割に利益は少なく

これではダメだと思って、今のコミュニティ(カメラ転売塾)に入りました。

 

それから、3年以上たち月の利益で平均80万,

最高で160万円を稼げるようになりました。

 

そんなこれまでの経験から、

利益を出す上で一番大切なことは「仕入れ」だと思っています。

 

結局、どんなカメラでも相場通りにしか売れません。

綺麗に写真を撮っても、汚く撮っても、出品ページを工夫しても、シンプルでも、あまり関係ありせんでした。

 

結局それぞれのカメラにはそれぞれ相場があって、

どれだけ背伸びをしようが、その相場でしか売れません。

 

だから、相場より安く仕入れることが何より大切だと思っています。

 

僕は3年間稼ぎ続けていますが、

その基盤は最初の4ヶ月で作ったと思っています。

今稼げているのも、最初の4ヶ月があったからです。

 

たまにコミュニティで仕入れツアーを開催しています。

その時、これからカメラ転売で稼ぎたいと思っている初心者の方々にもアドバイスさせて頂くことがあります。

 

しかし、お伝えしていることはいつも一緒です。

僕が最初の4ヶ月で意識したことを伝えています。

 

何を伝えているかというと、

小さく儲けよう、ということです。

 

一発で5000円の利益を取ろうだとか考えず、

まずは500円を1000円で売ってみよう。

ということを伝えています。

 

ほとんどの人は低資金です。

カメラ転売に使えるお金が10万もない人もいます。

 

そんな中、1万円のカメラを買っていたりします。

それでは手持ちのお金ではたった10個しか買えません。

次の仕入れができません。カメラが売れるまで待つしかないです。

 

しかし、500円のカメラなら、最大で200個買えます。

もし仮に全て1000円で売れるなら、10万円の利益です。

 

ここで大切なのは、儲けを意識しないことです。

 

1万円のカメラを10個買う人。

vs

500円のカメラを200個買う人。

 

どちらが長期的に伸びるでしょうか?

 

1万円のカメラを10個買って一つ5000円の儲けが出るとします。

そうするとたった10個売るだけで5万円の儲けです。

嬉しいですよね。

 

 

一方500円のカメラを200個買う人。

一つ500円の利益として、200個も仕入れて販売しているのに

10万円の利益です。

 

こう考えると1万円のカメラを10個買う人の方が効率的だと思うかもしれません。

しかし、僕は500円のカメラを200個買う人の方が長期的に儲かると確信しています。

 

なぜなら、経験値を得られるからです。

たった500円のカメラでも、何回も売り買いしているうちに様々な法則性に気づきます。

 

例えば、F値が2.8だと高く売れるんだなとか、

レンズのこういう質感は早く売れるとか、

故障していても売れるんだなとか、

ボディとレンズをセットで売ってみるとかなり高く売れるとか。

 

相場やデータでは見えてこない、

生の経験が得られます。

 

この経験を積むことが、初心者のうちは何より大切です。

 

だから、はじめに数個売り買いしただけで数万円儲かってしまった人っていうのはあとあと苦労します。

僕の周りでもそういう人がいて、結局月10万円前後で頭打ちになります。

 

しかし、最初は儲からなくても色々な商品を仕入れて販売した人は4〜6ヶ月あたりで急激な成長を遂げていきます。

僕のノウハウを教えた方は10-20人くらいいますが、上記内容を実践された方は皆利益が伸びて100万円を突破しています。

 

だから初心者は何より最初に経験値を積むことが大切です。

赤字を怖がらずにトントンでいいから売り買いをする。

まずは100取引を目指すのが良いかと思います。

 

中途半端に稼げてしまった人はこれができませんので、

稼げていなくて、もがいている人の方が後々大きく稼げると思っています。

 

赤字を怖がらずに沢山売り買いをする。

そのためにはやはり低単価商品を狙っていくのが良いかと思います。

 

僕ははじめの方は1000円以下のカメラしか仕入れていませんでした。

慣れてきても5000円以下だけを狙っていました。

160万円を単月で稼いだ時もほとんどが5000円以下の仕入れでした。

 

なので、低単価だからといって儲からない、というわけではないと思います。

資金が少なく、販売経験が少ないうちは1000円未満で仕入れをしてみることをオススメします。

 

低単価のメリットは他にもあります。

それは大量生産されていることです。

高単価のものより沢山出回っているので、一度販売して相場を覚えてしまえば

今後なんども仕入れることができます。

 

例えば僕はペンタックスの「Super-Takumar  55mm F1.8」

というレンズをもう200個以上は販売しているかと思います。

本当によく見かけるレンズだし、よく売れていきます。

 

一度販売したらなんとなく相場感が養われるので、

今度なんども仕入れができるようになります。

「Super-Takumar  55mm F1.8」だけで累計50万円くらいは稼いでいるかもしれません。

 

仕入れができない、もっと効率よく仕入れができるようになりたい、

と悩んでいる方はすごく多いです。

 

根本的な解決と安定的な仕入れをし続けるためには、

何より経験値を積むことが大切です。

 

目先の利益はとりあえず置いておいて、

販売数を意識しましょう。

販売数が増えてきたら自ずと単品の利益も向上していきます。

(仕入れの質が上がるため)

 

仕入れ先にこだわる必要はありません。

初心者の方はカメラのキタムラ、ハードオフを狙うといいでしょう。

ネットなら、メルカリ、ヤフオクで十分です。

 

まずは低単価を中心に

まず赤字はないだろうという値段で仕入れてみると良いです。

300円を500円で売る、でも良いと思います。

小さな成功体験を積んでいきましょう。

 

以上が僕のオススメの仕入れ方法でした。

ご参考になればと思います。

 

また何か分からないことや疑問があれば下記のアンケートに記載をお願い致します。

できる限りお答えしたいと思っています。

 

それでは^ ^


    ★アンケートのお願い★

    当ブログをお読み頂きありがとうございます。

    実は「どんな記事を書いたらいいのか…」と考えこむ事が多いです。

    なので、もし可能でしたらアンケートにお答え頂けるとすごく助かりますm(_ _)m

    内容をもとに記事を書いていきたいと思っています。

    プレゼント特典もございます。

    限定プレゼント特典は、「僕が2020年にもっとも売ったカメラ、ベスト5」です。

    どうかよろしくお願い致します。m(_ _)m

    アンケートフォーム

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    大学時代「自分の力で稼いでみたい!」という思いが強く、ブログ,FXなどに手を出すもことごとく失敗。そんな時、カメラ転売は稼げる!というウワサを聞き試してみる。

    自分で仕入れたNikonのレンズが本当に売れたことに衝撃を受け「これはイケる」と確信。その後大学の授業をサボり、カメラ転売にのめりこむ。

    月の利益は5万→25万円→35万円と順調に伸び、9ヶ月目に160万円を達成。

    その後、ebay、プログラミング、外注化を学び「自動転売メソッド」を確立。月の利益は100万円前後で安定中。

    現在はフリーランスとして好きな時間に起き、好きなものを買い、仲間と共に自由気ままに生きています。

    このブログは日記&カメラ転売ノウハウをお話しする場所にしたいと思っています。本音ベースで話していけたらなと思います。

    それではよろしくお願いします^ ^

     

    詳しくはこちら

    →トモのプロフィール

    →100万円コミットメント

     

    僕の師匠のブログはこちら

    →師匠のブログ

     

    【実績】

    2021/6 利益96万円

    2021/5 利益128万円

     

    2021/4 利益99万円

    2021/3 利益118万円

    2021/2 利益88万円

    2021/1 利益88万円

    2020/12 利益70万円

    2020/11 利益57万円

    2020/10 50万円

    ヤフオク販売画面(個人情報は伏せております。)

    その他、記事

    →利益の出たカメラ達をご紹介

     

    コンサルティングについて

    ただ今、コンサルティングの募集はありません。

    お問い合わせ、メッセージは下記からお願い致します。

    お問い合わせフォーム