仕入れの基準を厳しくすれば、ミス仕入れを減らせる

この記事は2分で読めます

販売数が少ないうちは、仕入れに失敗して赤字になってしまう事もあるかと思います。

せっかく売れても、赤字だと悲しいですよね。

手間暇かけて、貴重な資金を失うのは避けたいものです。

 

そんな赤字仕入れをグッと数を減らす方法があります。

それは仕入れの基準を厳しくすることです。

 

仕入れの際に、「いくらで売れるだろうか?」と予想すると思うのですが、

そのジャッジを少し厳しくします

 

例えば、「ニコン Nikon Ai NIKKOR 50mm F1.8」のカメラで試してみます。

販売履歴をチェックし、売れそうな価格帯を予想します。

 

オークファンというツールを使って、「Nikon Ai NIKKOR 50mm F1.8 -ai-s」というキーワードで検索します。

(-マイナス を使う事で除外できます。)

 

その結果によると売れる価格帯はざっくり3つに分類します。

 

高値 10,000〜12,000円くらい

中値 6,000〜8,000円くらい

安値 3,000〜5,000円くらい

こんな感じです。

 

この時、普通は「高値で売れるに違いない!!」と思ってしまいます。

つまり10,000円〜で売れる予想をします。

僕はこれを夢仕入れと読んでいます。

 

この夢仕入れが、赤字仕入れの原因だと思っています。

 

(夢仕入れを僕自身もなんども経験しましたし、その数だけ痛い目にあって来ました。)

 

確率的には、もっとも売れやすい価格は中値なはずです。

しかし、つい高値で売れる!!と期待して買ってしまうのです。

 

その結果

仕入れ7000円→販売6000円

1000円の損になります。

 

たまーに高値で売れることもあるのですが、

ほとんどは中値で売れていきます。

 

特に初心者ではじめたての頃は、評価が溜まっていないので

中値より少し安い値段で売れていくかと思います。

 

ですので、仕入れの際はジャッジを厳しくすると良いと思います。

まずは安値で買って、中値で売るを徹底していきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。


    ★限定プレゼント★

    当ブログをお読み頂いた方限定のプレゼント特典!

    アンケートにお答え頂くと「僕が2020年に儲かったカメラベスト5!!」をバラしちゃいます!



    アンケートフォーム

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    大学時代「自分の力で稼いでみたい!」という思いが強く、ブログ,FXなどに手を出すもことごとく失敗。そんな時、カメラ転売は稼げる!というウワサを聞き試してみる。

    自分で仕入れたNikonのレンズが本当に売れたことに衝撃を受け「これはイケる」と確信。その後大学の授業をサボり、カメラ転売にのめりこむ。

    月の利益は5万→25万円→35万円と順調に伸び、9ヶ月目に160万円を達成。

    その後、ebay、プログラミング、外注化を学び「自動転売メソッド」を確立。月の利益は80万円〜で安定中。

    現在はフリーランスとして好きな時間に起き、好きなものを買い、仲間と共に自由気ままに生きています。

    それではよろしくお願いします^ ^

    100万円コミットメント

     

    関連ブログ

    ほり師匠のブログ

    織田先輩のカメラ転売ブログ

    里井さんのカメラ転売ブログ

     

    コンサル生

    高校の友達が月50万円を稼ぐまでの話 ① 〜カメラ転売との出会い〜

     

    【実績】

    2021/8 利益87万円

    2021/7 利益70万円

    2021/6 利益96万円

    2021/5 利益128万円

     

    2021/4 利益99万円

    2021/3 利益118万円

    2021/2 利益88万円

    2021/1 利益88万円

    2020/12 利益70万円

    2020/11 利益57万円

    2020/10 50万円

    ※出金は翌月、ということも良くあるので、利益と受け取り金が一致しているわけではありません。

     

    ヤフオク販売画面(個人情報は伏せております。)

     

    有料コンテンツ

    カメラ転売(せどり)の外注化が学べる動画コンテンツ【公開中】