仕入れの基準を厳しくすれば、ミス仕入れを減らせる

メルマガ3大特典を配布中!!

①「儲かったカメラベスト10」

②「年収を360万向上させるハードオフの儲かる商品&お店リスト 」

③「月収150万円大学生やむおの脳内解剖図」

=======↑ここまで告知↑==========

販売数が少ないうちは、仕入れに失敗して赤字になってしまう事もあるかと思います。

せっかく売れても、赤字だと悲しいですよね。

手間暇かけて、貴重な資金を失うのは避けたいものです。

 

そんな赤字仕入れをグッと数を減らす方法があります。

それは仕入れの基準を厳しくすることです。

 

仕入れの際に、「いくらで売れるだろうか?」と予想すると思うのですが、

そのジャッジを少し厳しくします

 

例えば、「ニコン Nikon Ai NIKKOR 50mm F1.8」のカメラで試してみます。

販売履歴をチェックし、売れそうな価格帯を予想します。

 

オークファンというツールを使って、「Nikon Ai NIKKOR 50mm F1.8 -ai-s」というキーワードで検索します。

(-マイナス を使う事で除外できます。)

 

その結果によると売れる価格帯はざっくり3つに分類します。

 

高値 10,000〜12,000円くらい

中値 6,000〜8,000円くらい

安値 3,000〜5,000円くらい

こんな感じです。

 

この時、普通は「高値で売れるに違いない!!」と思ってしまいます。

つまり10,000円〜で売れる予想をします。

僕はこれを夢仕入れと読んでいます。

 

この夢仕入れが、赤字仕入れの原因だと思っています。

 

(夢仕入れを僕自身もなんども経験しましたし、その数だけ痛い目にあって来ました。)

 

確率的には、もっとも売れやすい価格は中値なはずです。

しかし、つい高値で売れる!!と期待して買ってしまうのです。

 

その結果

仕入れ7000円→販売6000円

1000円の損になります。

 

たまーに高値で売れることもあるのですが、

ほとんどは中値で売れていきます。

 

特に初心者ではじめたての頃は、評価が溜まっていないので

中値より少し安い値段で売れていくかと思います。

 

ですので、仕入れの際はジャッジを厳しくすると良いと思います。

まずは安値で買って、中値で売るを徹底していきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

=================

=================

メルマガ3大特典を配布中!!

①「儲かったカメラベスト10」

②「年収を360万向上させるハードオフの儲かる商品&お店リスト 」

③「月収150万円大学生やむおの脳内解剖図」

そのほか、【初心者向け】カメラ転売ノウハウも配信。

トモのカメラ転売メルマガ

カメラ転売全般

コメント

PAGE TOP