【初心者向け入門コース】カメラ業界はオワコン確定です。

この記事は3分で読めます

こんにちはトモです。

 

「カメラって本当に売れるの?」

「カメラ業界ってもうオワコンでしょ?」

 

このような疑問を持った事はありませんか?

今日はその事について話していきます。

 

カメラ業界はオワコン?

 

みんなが持っているスマートフォン。

このスマートフォンにはカメラ機能が付いていますよね。

その性能は「素晴らしい」の一言です。

 

高画質、ズーム可能、しかもボケる。。

 

かなりハイスペックです。

ガラケーから格段に進化しています。

 

もはや大抵の撮影なら、スマホだけで十分ですよね?

僕もほとんどスマホで撮影しています笑

 

こんな感じ↓(iPhoneで撮影)

(本日はお花見に行ってきました)

 

こんなに風に綺麗な写真が撮れるんです。

なので一眼レフ、ミラーレスカメラ、コンパクトカメラは要りません。

 

スマホだけあれば十分。

 

カメラ業界が潰れるのは、時間の問題です。

 

・・・と、思いきや

 

実はそうではありません・・

 

その理由をこれから解説していきます。

 

「本物」は違う

 

撮影機能に特化した

「一眼レフカメラ」や「ミラーレスカメラ」

これらはスマホのスペックを凌駕しています。

 

こんなのですね↓↓

 

 

 

いかに一眼レフが優れているのか?

実際にこれをご覧ください

 

スマホ撮影

 

スマホで撮影したものです。

一応、綺麗に撮れてますよね??笑

 

では次に桜をズームして撮影してみます。

 

スマホ撮影 ズーーームイン!!

 

うーん。。

どうですか?

なんだか・・汚いですよね??

 

天下のAppleでも、

ズームしたらめっちゃ汚いです。

 

がびがびです。

 

 

では次に

「SONY α7」という

本格的なカメラで撮影をしてみます。

 

 

 

SONY α7で撮影

 

 

・・・おお、凄い。。

 

クッキリハッキリして

パリッとしてるし、

バシッとボケてますよね!?

(わかりづらい)

 

桜から20メートルくらい離れて、このクオリティ。

 

僕のテクの問題もありますが

スマホと比べてもかなり綺麗です。

 

 

つまり、カメラ業界はオワコンではないのです。

 

スマホではこんなに綺麗に撮れません。

このレベルをスマホに求めるのは不可能です。

 

指の先っちょ位のスマホレンズ。

このクオリティを求めるのは無理があります。

 

スマホはサッと撮るときには使えます。

でも真面目に撮るなら一眼レフの方が断然良い。

 

だから、もう一度言います。

カメラはオワコンではない。

 

実際にあなたも「スマホカメラ」ではなく

「一眼カメラを」欲しいと思った事、ありませんか?

 

 

 

「お花見」に答えがありました。

 

 

僕はお花見に行き、

改めて思いました。

 

「カメラ転売はやっぱり最強だな」と。

 

なぜか?

 

それは

僕のお客さんに沢山会ったから。

 

例えばこの写真

桜撮影スポットには沢山の人がいました。

 

 

この中で「本格的なカメラ」を使っている人は何人でしょう?

僕の見立てでは、およそ半数でした。

 

半数の人が、「スマホ」ではなく、

「本格的なカメラ」

で撮影をしています。

 

つまりそれだけ僕らのお客さんがいるという事です。

僕が見たものだと

 

SONYのデジカメ、SONY α7シリーズ、富士フイルムのミラーレス、ニコン、キャノンの一眼レフ etc…

 

本当に多くの種類を見ました。

 

 

沢山の人が「スマホ」ではなく「本格的なカメラ」で撮影をしています。

 

もし「本当かな?」と不安に思ったら

ぜひお花見に行って実際に確認してみて下さい。

 

僕らのお客さんはすぐ近くにいるんです。

 

 

本能には抗えない=カメラ業界は消えない

 

 

人間には所有欲求があります。

 

所有欲求とは

「自分にとって必要なもの、欲しいものを手元に置いておきたい」

という欲求です。

 

「撮りたい」という気持ちも所有欲求です。

 

「撮影」は美しい風景を写真に「残す」という行為です。

つまり一瞬の「風景」「出来事」「感動」を

「写真」という形で自分のものにするわけです。

 

これは人間の根本的な欲求です。

 

だから、撮影という行為が無くなる事はまずありません。事実、スマホにはいつまでもカメラ機能がついています。

 

それだけ撮影が人間にとって大切という事。

 

本能に根ざしたビジネスは廃れません。

撮影は人間の本能に根ざしています。

だから、カメラ業界はなくならないのです。

 

(もしも消えるとしたら、それは人間が悟りを開いた時かもしれません笑)

 

 

【結論】

カメラ業界はオワコンではない

 

=カメラ転売は永遠に儲ける事が可能。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!m(__)m


    ★限定プレゼント★

    当ブログをお読み頂いた方限定のプレゼント特典!

    アンケートにお答え頂くと「僕が2020年に儲かったカメラベスト5!!」をバラしちゃいます!



    アンケートフォーム

    関連記事

    1. 2018 02.07

      今日の仕入れ

    2. 2021 03.30

      値下げは必須

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    大学時代「自分の力で稼いでみたい!」という思いが強く、ブログ,FXなどに手を出すもことごとく失敗。そんな時、カメラ転売は稼げる!というウワサを聞き試してみる。

    自分で仕入れたNikonのレンズが本当に売れたことに衝撃を受け「これはイケる」と確信。その後大学の授業をサボり、カメラ転売にのめりこむ。

    月の利益は5万→25万円→35万円と順調に伸び、9ヶ月目に160万円を達成。

    その後、ebay、プログラミング、外注化を学び「自動転売メソッド」を確立。月の利益は80万円〜で安定中。

    現在はフリーランスとして好きな時間に起き、好きなものを買い、仲間と共に自由気ままに生きています。

    それではよろしくお願いします^ ^

    100万円コミットメント

     

    関連ブログ

    ほり師匠のブログ

    織田先輩のカメラ転売ブログ

    里井さんのカメラ転売ブログ

     

    コンサル生

    高校の友達が月50万円を稼ぐまでの話 ① 〜カメラ転売との出会い〜

     

    【実績】

    2021/8 利益87万円

    2021/7 利益70万円

    2021/6 利益96万円

    2021/5 利益128万円

     

    2021/4 利益99万円

    2021/3 利益118万円

    2021/2 利益88万円

    2021/1 利益88万円

    2020/12 利益70万円

    2020/11 利益57万円

    2020/10 50万円

    ※出金は翌月、ということも良くあるので、利益と受け取り金が一致しているわけではありません。

     

    ヤフオク販売画面(個人情報は伏せております。)

     

    有料コンテンツ

    カメラ転売(せどり)の外注化が学べる動画コンテンツ【公開中】