大学ブラック部活-完結編-

この記事は2分で読めます

【トモのプロフィール】

 

大学ブラック部活-完結編-

 

高校受験。

 

そして部活動。

 

苦しみ、迷いながらも耐え抜いた日々、

やりたくない事に向かい合う日々、

リーダーとして過ごした日々、

そして起きてしまった事故。

 

これらの経験を経て

僕はようやく気づき始めました。

 

辛いことを我慢する事で人は成長し、いつか報われる。

遊んでいる人たちに差を付けることが出来る。

 

ーーその考えは違うかもしれない。

 

いえ、正確には合っているかもしれません。

我慢し、継続することは成功するためには必要なことかもしれません、

けれどそれは人を幸せにするのだろうか。

僕は人生を「成功」させるために、苦しむべきなのか。

 

人生の成功ってなんだ?

お金か?名誉か?女か?

成功のために生きるのか?

 

違う。

人生は楽しむもの。ただそれだけじゃないのか。

 

 

『そのためには逃げてもいいかもしれない』

 

 

人生をどう生きたいのか。

本当に欲しいものは何なのか。

どうなりたいのか、どう生きたいのか、、、

高校の頃から感じ始めた人生に対する違和感。

 

それは頭の中で

何度も何度も何度も何度も

考えていましたが、

答えは出ませんでした。

 

ですが、この”体験”を通じて、僕はようやく分かりました。

答えらしきものを出せたと思います。

 

楽しく、生きたい

 

それが僕の心の声だと、気づきました。

 

その答えらしいものに気づいて、

僕は部活を辞めました。

 

責任ある立場なのに辞めた事、

部員にも、コーチにもとても迷惑をかけたと思います。

ごめんなさい。

 

それは部活が辛かったから、という理由ではなく、

自分の心の声に素直に従って出した結論です。

 

この事を部員に話したら、

有り難いことに納得してもらえました。

 

 

こだわって、こだわって、我慢して、我慢して

続けてきた、部活。

 

結果として、逃げてしまいました。

 

迷惑をかけて申し訳ないけど、

でも、それでも

今はそれでいいと思っています。

 

だから僕は今、これを読んでいて、

楽しくない事、辛い事、やりたくない事、

それらに

我慢して継続している人の気持ちが痛いほど分かります。

 

 

例え、逃げてもいいと言われても、出来ないはずです。

 

逃げる自分が許せないし、

そんな先に良い人生が待っているはずないよと。

 

それでも

逃げてもいい。やりたいことをやってもいい。

 

僕はそう思います。

そんな選択肢があるのだと、心の片隅で思ってくれたら嬉しいです。

 

僕はこれから

自分の心に素直に生きてみようと思います。

 

あなたはどう生きたいですか??

 

 

〜最後に〜

 

僕はやりたい事を思いっきりやろうと決意しました。

 

そう考えた時に、僕は

「就職をしたいのか」

自分の心に問いかけました。

 

答えは

ノーでした。

 

だから僕は就職を辞めました。

 

就職を辞めた理由はすごくシンプルです。

”今は”やりたくないから、しない。

心に従いました。

 

 

それでもお金は稼がないと生きていけません。

なら自分で稼げばいいんじゃん。

 

こうして僕は自分で稼ぐ道を歩み始めます。

→クソ大学生が100万円を稼ぐまでの奇跡の成長ストーリー①

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トモのプロフィール

21才大学生。

2017年7月にカメラ転売を開始。

2017年10月に月収50万円を達成。

2018年3月に月収160万円を達成。

 

カメラ転売を始め、

就職をせずに悠悠自適に暮らす日々。

むしろ暇すぎて悩む日々笑。

 

 

が、そんな僕もちょっと前までは、、、

 

ブラック部活で身も心もボロボロ。

部室には怒号、罵声が飛び交い、

うつ病になる者、骨折をする者、入院をする者が

いるという異常な環境に身を置く。

 

そんな環境が僕に”ある変化”をもたらしたのだった。

 

→トモのプロフィール

 

師匠のブログはこちらから!!